当前位置:
日语专业毕业论文:日本便利店的发展与未来—以罗森为例(上)
来源:专业代笔网 | 作者:nh3513 | 发布时间:2018-10-08 | 289 次浏览 | 分享到:
便利且不可或缺。现如今,日本人的日常生活当中,便利店已渐渐成为一种必需的存在。在日本,不管去到哪里,都一定能够见到便利店。根据统计,截止2017年6月,seven eleven的全国店铺数量已达到约为19500家,罗森则是约为13100家,全家约为17900家。综合其他品牌的连锁店,全国便利店的店铺总数量已超过56000家。
  日本のコンビニの発展と未来―ローソンを例として
  日本便利店的发展与未来—以罗森为例
  
  摘    要
  便利且不可或缺。现如今,日本人的日常生活当中,便利店已渐渐成为一种必需的存在。在日本,不管去到哪里,都一定能够见到便利店。根据统计,截止2017年6月,seven eleven的全国店铺数量已达到约为19500家,罗森则是约为13100家,全家约为17900家。综合其他品牌的连锁店,全国便利店的店铺总数量已超过56000家。
  便利店的便利性在于商品种类繁多、便捷、快速、轻松、24小时营业等等,越是列举就越是无穷无尽,便利店正是这般紧密的与人们的生活联系在一起。它凭借着自身那小小的空间,到底回应了多少来自消费者的需求呢。并且,为了回应这些需求,便利店方面到底又付出了怎样的努力呢,我对此感到在意。故而今次选择了这个题目作为研究的课题。
  在本文中,将会以罗森等大型连锁店为例,从各个角度研究理解便利店为何能一路发展至今的原因。同时也将探究在如今的基础之上,便利店今后的发展方向。
  关键词  需求;便捷;发展;未来
  日本のコンビニの発展と未来―ローソンを例として
  要    旨
  便利でなくてはならない存在。コンビニは、現在、日本人の日常生活に欠かせない存在となっている。日本ではどこに行っても必ずコンビニがある。統計によると、その数は、2017年6月でセブンイレブンが約19500店舗、ローソンが約13100店舗、ファミリーマートが約17900店舗で他のチェーンも含めると約56000店舗にまで及ぶのである 。
  コンビニの利便性は商品が多くて、便利で、速くて、気軽で、24時間営業など、もっと挙げるときりがないくらい人々の生活に密着している。あの小さなスペースで一体どれだけ消費者のニーズに答えられているのか。そして、それらのニーズに応えるために、コンビニの方がどれだけの工夫を施しているのか。私はそれが気になるため、このテーマで研究をしていくことに決めた。
  本稿では、ローソンなどの大手コンビニチェーンを例として、コンビニの発展してき原因を、あらゆる角度から研究する。そして、それを元にこれからどのように発展していくのか、それを探りたい。
  キーワード ニーズ; 便利; 発展; 未来
  目 次
  摘要I
  要旨II
  はじめに1
  1コンビニとは2
  1.1 コンビニの定義2
  1.1.1コンビニの起源2
  1.1.2日本最初のコンビニ2
  2コンビニが発展してきた原因4
  2.1 コンビニの三つの利便性4
  2.1.1 時間の利便性4
  2.1.2 距離の利便性4
  2.1.3 品揃えの利便性4
  2.2ローソンの経営戦略5
  2.2.1日本への転入5
  2.2.2多様な業態を展開したローソン6
  3コンビニの未来7
  3.1 環境によっての変化7
  3.2未来の経営戦略7
  おわりに9
  参考文献10
  謝辞11
  はじめに
  どの町に行っても、必ずコンビニが見える。100メ-トルぐらい歩いて3つのコンビニがある、という所さえある。なぜ日本人がこんなにコンビニを愛しているのか。それはコンビニがいかにも便利だからである。スーパーの場合は、毎日の生活に必要な食べ物、飲み物、雑誌、たばこなどを売っているくらいだろうが、日本のコンビニはそれだけでなく、まだ他にいろいろな特殊サービスがある。
  コンビニにはATMの機械がある。銀行に行かなくても現金が手に入れる。
  コンビニでは住民票の写しを取り寄せるサービスがある。市役所に行かなくても住民票を手に入れることができる。
  コンビニではァ◇ラインや電話で注文できる。店まで行かなくても、買いたいものが家まで配達してもらえる。
  こんな便利なコンビニだから、誰にでも愛されている。
  そしてこの先に、コンビニは一体私たちにどんなサプライズを与えてくれるのか。
  1コンビニとは
  1.1 コンビニの定義
  まず、コンビニ自体を説明するところから本論文は始めようと思う。コンビニは、一体どのような物であり、どのような運営形態であるかを知ってもらう必要があると思う。
  三省堂の大辞林には、「早朝から深夜まで、あるいは無休で日常生活に必要な品を中心に扱う小型のスーパーストア」と記載している 。また、日本総務省が出した日本標準産業分類では、「主として飲料食品を中心とした各種最寄り品をセルフサービス方式で小売する事業所で、店舗規模が小さく、終日又は長時間営業を行う事業所」と定義されている 。さらに、経済産業省の商業統計における業態分類では、「食料品を扱う、セルフサービス、売り場面積が30 ㎡~250㎡、営業時間14時間以上」と定義されている 。つまり、コンビニエンスストアは、長時間あるいは年中無休で営業する、売り場の面積が小さくの、飲料食品を主とした生活最寄り品をセルフサービスで販売する店である。
发表须知
发表释疑
发表流程
答客户问
代写流程
代写价格
发表价格
新手指南​
代写须知
新手指南

最新论文