当前位置:
日本便利店的发展与未来—以罗森为例(下)
来源:专业代笔网 | 作者:nh3513 | 发布时间:2018-10-08 | 294 次浏览 | 分享到:
また、今後は主要顧客である若者の数が少子高齢化により減少することは避けられず、市場環境ますます苦しくなる。ローソンが女性をターゲットとしたナチュラルローソンやシニア向けコンビニを出しているのには、そういう背景があるのである。 だから、今後もまたこうして、環境の変化によりコンビニの形を変化させていけば良いと考えられる。
  2コンビニが発展してきた原因
  2.1 コンビニの三つの利便性
  コンビニはスーパーなどとは違い、基本的に価格を抑えない。同じ物を買うなら、スーパーのほうが安いことが多いだろう。では、なぜコンビニは発展しているのか。それは、コンビニには三つの便利性があるからと考えれる。まず、時間の便利性である、営業時間が長いことで「いつでも」買うことができる。次に、距離の便利性がある、住宅地の近くにあることで「近くで」買うことができる。最後に、品揃えの便利性である、生活必需品を網羅することで「さまざまなものが」買うことができる。スーパーやデパートなどの他の小売店の中で、この三つの便利性をすべて満たしている店舗は無く、これが他の小売店との差別化を図っている部分だといえる。
  2.1.1 時間の利便性
  コンビニは基本的に、24時間年中無休で営業している。これは、時間の便利性を満たしている。
  2.1.2 距離の利便性
  コンビニはさまざまな場所に多数存在している。住宅地はもとより、駅の内部や学校の構内、アパートやホテル、病院の内部にまで出店している場合もある。こうして、距離の便利性を満たしている。
  2.1.3 品揃えの利便性
  コンビニは、小型店舗である。しかし、小型店舗では品揃えの便利性が満たされにくいと思われる。どうやってコンビニは品揃えの便利性を満たしているか。それは、コンビニが商品を売れ筋商品に絞って構成しているからである。消費者のニーズを敏感に察知して死に筋商品をはずし、商品を入れ替える。また小型店舗のよくある問題として、在庫管理がある。大量な商品の在庫を抱えるスペースは小型店舗には無い。また、コンビニが食料品を主に扱う以上、長時間在庫を抱えることは期限切れのリスクが大きい。コンビニはこの問題を、商品の多頻度?小口配送化にすることで解決した。商品を必要数だけ仕入れ、仕入れ数の減らしを仕入れ回数を増やすことでカバーしている。これなら在庫を多く抱える必要は無く、商品の鮮度を保つことができる。こうしてコンビニは小型店舗で高い品揃えの便利性を発揮している。
  2.2ローソンの経営戦略
  三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)株式会社ローソンは、日本の大手コンビニエンスストア?フランチャイザーである。コンビニチェーンとして、国内店舗数3位(2018年現在)であり、1997年7月には業界で初めて全ての都道府県に出店することを達成した。
  2.2.1日本への転入
  1939年、アメリカのァ∠イオ州にJ?J?ローソン氏が牛乳販売店を営んでいた。このお店は「ローソンさんの牛乳屋さん」として新鮮でおいしい牛乳が地域の評判を呼び、毎朝たくさんの顧客が牛乳を買いにやって来るようになった。その後J?J?ローソン氏はローソンミルク社を設立して、日用品などの生活必需品も販売するようになり、アメリカ北東部を中心にチェーン展開を行うようにした。
  1959年、ローソンミルク社はアメリカ食品業界大手のコンソリデーテッド?フーズ社の傘下となり、ァ∠イオ州を中心に広範囲で店舗展開をすすめる一方で、コンビニの運営システムを確立して行く。
  そして、日本でのローソンのスタートは1975年6月14日オープンの1号店「桜塚店」(大阪府豊中市南桜塚)である。当時ローソンの親会社だったダイエーがコンソリデーテッド?フーズ社とコンサルティング契約を締結した。それで、ローソンミルク社のノウハウを元に独自のフランチャイズシステムを確立し、ローソンの1号店が日本に誕生した。
  図2-1 1975年の桜塚店
  2.2.2多様な業態を展開したローソン
  ローソンは地域の特性や時代の変化に対応した店作りを行っている。ナチュラルローソンやストア100、シルバーコンビニなど、こんなにもタイプの違う店を出しているのはローソンだけである。特に代表されるのが、「ナチュラルローソン」である。
  ナチュラルローソンは、いれたてコーヒー(バリスタ)、焼きたてパン、とれたて野菜(野菜ソムリエ)などが揃った、コンビニのイメージとはかけ離れた店舗だ。ナチュラルローソンの狙いは、「コンビニを使わない客層を呼び込み、競合店とすみわけできる」ことである。コンビニを敬遠しがちだった所得に余裕のある働く女性などの新規客層を開拓する。客層は男女比半々である。
  ナチュラルローソンに独特の取引方法がある。野菜ソムリエは外部企業の派遣、野菜やコーヒーも外部企業が担う。そうすることによって、専門性が高い商品を低いリスクでそろえられるという利点がある。
  また、他にも生鮮コンビニ「ローソンストア100」という、低価格で徹底的にコストを削減した、ローソン色のほとんどない業態も展開している。
  「ナチュラルローソン」と「ローソンストア100」はそれぞれローソンとは別会社方式で行っており、この2業態で得たノウハウをローソンへ移植したり、ローソンと新業態を合体させた新たなコンビニ(通称ハイブリッド)に転換し、顧客層の拡大につなげる作戦である。
发表须知
发表释疑
发表流程
答客户问
代写流程
代写价格
发表价格
新手指南​
代写须知
新手指南

最新论文